Stimulator

機械学習とか好きな技術話とかエンジニア的な話とかを書く

Python

PyCon JP 2017に参加しました - 後半 #pyconjp

- はじめに - PyCon JP 2017の2日目(正確にはtutorial含め3日目)を聴講してきたhttps://www.pycon.jp/ 1日目は昨日PyCon reject Conference含めて投稿した - Keynote - https://pycon.jp/2017/ja/talks/keynote/Pandasのコミッタの堀越真映さんの登壇Pandas…

PyCon JP 2017に参加しました - 前半 #pyconjp

- はじめに - PyCon JP 2017の1日目(正確にはtutorial含めると2日目)を聴講してきたhttps://www.pycon.jp/2日目も出るけど話長くなりそうなので分割先日、PyCon JP Reject Conferenceなるものにも参加してきたので冒頭で少しだけ触れておく - PyCon JP Rejec…

Firefox headlessモードをUbuntuとPythonとSelenium環境で動かす

- はじめに - headless Chromeが来た頃、Firefoxのheadless対応の噂がありました。ヘッドレスFirefoxも近々出るよ / 他46コメント https://t.co/kxeWpaLiTR “PythonでWebスクレイピングする時の知見をまとめておく - Stimulator” https://t.co/eiKaWd1lCb— …

MacへのJupyter導入からextensionと設定メモ

- はじめに - 業務PCがWinからMacになりまして、Jupyter notebookしたいので自分の設定とextensionの導入までやったメモ。あとChrome拡張使ってCSSを書き換えている話とか。 最初に参考資料を示しておくと、どのネット記事よりも以下extensionのGithubリポジ…

PythonでWebスクレイピングする時の知見をまとめておく

- はじめに - 最近はWebスクレイピングにお熱である。趣味の機械学習のデータセット集めに利用したり、自身のカードの情報や各アカウントの支払い状況をスクレイピングしてスプレッドシートで管理したりしている。最近この手の記事は多くあるものの「~して…

Pythonのhttp.serverを利用してWebスクレイピングのunittestを書く

- はじめに - 「Webスクレイピングで情報を収集する」という内容は多い。しかし、Webスクレイピングのコードは肥大化しやすいだけでなく、細かな変更が多くなる。 テストを書いて変更の影響をちゃんと見ておく必要性が高い。unittestとhttp.serverを使ったテ…

headless chromeをPythonのseleniumから動かして引数を考えた (Ubuntu 16.04)

- はじめに - Chrome 59が正式版となりheadless版も正式に動き始めました。めでたい。New in Chrome 59 | Web | Google Developersheadless chromeをUbuntuに導入してPythonから触ったという記事です。Ubuntuへの導入から、実行時の引数となるargsの考察など…

DCGANで名刺のデザインを試みた

- はじめに - 社内ハッカソンと社内勉強会のネタとして、今更ながらGenerative Adversarial Networks*1 (GAN)とその応用とも言えるモデルであるDeep Convolutional Generative Adversarial Networks*2 (DCGAN)について調査し、実際に検証を行った。この記事…

Djangoで送信された画像データをPyhon上で処理するWebサービスを作る

- はじめに - 自分のWebサービスは基本PythonのDjangoフレームを利用している。Djangoでフォームから画像を投稿してもらって、それを受け取り、画像処理や機械学習で色々やって画像として返す、といったサービスを作りたい時のメモ。実際に「ドイツのトリお…

dlibのSimple_Object_detectorを用いたPythonでの物体検出器の学習

- はじめに - これはこの記事の続きで、dlibを使って物体検出をしようというものである。まあ正確には、dlibには「顔検出器の学習」ってのは無くて「物体検出器の学習」の機能を使って、顔検出器の再学習がしたいという記事です。dlibを使う際の参考になれば…

dlibを用いた顔検出器と物体検出器とその学習

- はじめに - dlibのSimple_Object_Detectorクラスを使った物体検出用カスケードの学習をする記事。dlibは機械学習ライブラリとして2006年から始まったプロジェクトで、基本的なSVMや線形アルゴリズム、Bayesian Network等に加えて、機械学習関係で用いるよ…

PythonでGoogle Cloud Visionを使った顔検出

- はじめに - 前回の記事でGoogle Cloud VisionのAPIキーを発行しました。そのAPIキーを使って、Pythonを使った顔検出(Face Detector)をやります。顔認識じゃないです。顔検出です。 - Google APIのFACE_DETECTIONになげるやつ - 以下Pythonコードです。 変…

Google Cloud Visionを登録しよう

- はじめに - Google Cloud Visionがすごい。とにかくすごい。 クレジットカードが無いと利用出来ないのはちょっとネックだけど。 でも今なら$300分を無料で使えるし、機械学習データ作る用にでも是非。 - APIキー発行まで - Google Cloud Platformのコンソ…

OpenCVとdlibとOpenFaceでの顔検出と知見まとめ

- はじめに - 色々あって顔検出をする機会があった。世の中、顔認識(Face Recognition,Facial Recognition)と顔検出(face detection)がごっちゃになってるじゃねえかと思いつつ、とにかく画像から人の顔を高精度で出したいんじゃという話。先に結論を言うと…

Active Object Localization with Deep Reinforcementを作っている

- はじめに - この記事はDeep Learning Advent Calendar 2015の24日目の記事です. Deep Q-Network(DQN)がNIPSで発表されてから*1はや2年.DQNは, 深層強化学習として一分野を確立し, 機械学習分野自体の活発さ, Deep Learningの話題性も相まって, 怒涛の勢い…

DQN-chainerリポジトリを動かすだけ

- はじめに - こんにちは. @vaaaaanquishです. この記事はChainer Advent Calender 2015 11日目の記事です.今回は滑り込みで, 特に何か新しい事をやった訳でもないですが, 一応記事にする事に意味があると思うので投稿しておきます.今回はただこれを動かすだ…

Mac OS X 10.9.5でCaffeする

※注意:この記事はMac OS 10.9が最新だった頃に書かれたものです。2015/6/15に諸事情で再インストールを行いましたがformulaの書き換えが不必要、変更になったりその他ファイルの書き方が変わったりとインストール自体は楽になっています。日々変更があるよう…

Random Forest for kazoo04 recognition

- 挨拶 - みなさんこんにちは。Kazoo04 Advent Calender 7日目を担当します、@vaaaaanquish ことばんくしです。よろしくお願いします。突然ですがみなさん、 "みなさん、かずー氏好きですか?" …そうですね。まあまあですね。今回はそんなKazoo04に捧げる記…